Loading posts...
  • 第三回  命との接し方

    「新鮮な魚は臭くない」その短い言葉は彼の中に長く留まり続ける。 弱冠5歳、こうして今に続く“”疋田拓也“”としての原型が形成された。   「おいしいいー!!」魚を食べて、初めて感じた気持ちだ。 魚ってこんなに美…

  • 第二回  運命の一匹

    この日が人生にとって大きな転機になるとは、彼も含めて誰も知らなかった。 しかし、振り返ってみれば「疋田拓也」としての人生を決めたのは紛れもなく、初めて釣った1匹の「ネンブツダイ」だった。   「おお!釣れてる!…

  • 第一回  魚の疋田拓也が誕生した日

    1989年、私は父親の出身地である静岡県沼津市に遊びに来た。   駿河湾という恵まれた海が一面に広がる立地に、私は幼いながらに興奮していた。   今日、人生初めての魚釣りをする。   振り返…